暖機運転

暖機運転は必ずしも必要ではありません

停車状態で行われる暖機運転は、必要とは限りません。”暖気”運転になっていませんでしょうか。

以前は必要とされていた暖機運転

アイドリングのひとつである暖機運転は、以前、特に冬場の寒い時期にエンジンを暖めるために必要なものと言われていました。

電子制御エンジンになって

ガソリンをエンジンに供給する燃料噴射装置が電子制御が主流になり、必ずしも必要なものではなくなってきています。それどころか電子制御装置の場合、エンジンが暖まるまでの間、濃いガソリンを送るので燃料を余分に消費してしまいます。

暖まるまでゆっくり走行

一般的な自動車の場合は、暖機運転をせずアイドリングを控え、すぐにゆっくりと走行するのがよいと言われています。トランスミッションや駆動系は暖機運転では暖まらず、オイルも回りませんが、低スピードでゆっくりと走行することにより、エンジンや駆動系を暖め、オイルを細部まで行き渡せることができます。

ちょっとした工夫が効果的

厳冬期は、ウインドーが凍結してしまい、きちんと見えるようになるまで暖機運転が必要になってしまいますが、フロントガラスは撥水コートすることで、水分は付着しづらくなり、凍りつくことを緩和できます。ちょっとした工夫が暖機運転の短縮につながります。

サイトマップ
Copyright (C) 2008-2017 ガソリン代節約術 All Rights Reserved.