アイドリング

アイドリングストップの積み重ねが省燃費に

エンジンがかかっている状態であるアイドリングは、ガソリンを使い続けてしまいます。こまめなアイドリングストップで無駄なガソリン消費を無くしましょう。

アイドリングストップがクローズアップ

アイドリングストップという言葉を頻繁に聞くようになりました。低燃費の特化した車種は信号待ちなど一定時間停車すると自動でアイドリングをストップするという機能があります。

まめなアイドリングストップを

このようなモデルではないことがほとんどですが、ドライバーの心掛け次第でアイドリングを減らすことは可能です。ちょっとした停車のとき、どこかに立ち寄ったとか、人を待っている時とか、つい、エンジンを切らずにアイドリングの状態にしてしまいがちです。

ちょっとした我慢が必要なときも

特に寒いときには、車やエンジンに対しての暖機運転はともかく、寒い車で運転するのはつらいですから、車内が暖まるまで暖機運転したくなるものですね。こんな時も、ちょっと我慢してアイドリングを減らすことを優先して暖機運転を控えるように心掛けましょう。少しずつアイドリングストップを実践することが積み重なり、省燃費につながっていきます。

サイトマップ
Copyright (C) 2008-2017 ガソリン代節約術 All Rights Reserved.