エンジンオイル

エンジンオイルでも変わる自動車の燃費

燃費向上を目指すエンジンオイルは低粘度のオイルを選びましょう。硬さという表現を使ったりもします。粘度の見方は、オイルが入っている缶に「0W-20」といった記載があります。

低粘度のエンジンオイルを選びましょう

この表示の左側の数字、先ほど例ですと、「0W」という値が低いほど、低粘度のオイルのなります。粘度が小さいオイルほど摩擦抵抗が少なくなるので燃費がよくなります。

エンジンの特性で変わるオイル選び

また、右側の「20」という数字は動粘度、すなわちエンジンが動き出してからの粘度を表しています。低燃費を謳っている自動車は粘度が小さいエンジンオイルを指定していることがほとんどですが、ターボエンジンのように高回転まで回し、熱が高くなりやすいエンジンは、メーカー指定も粘度が高いオイルとなっています。

オイル選びはメーカー指定の範囲内で

省燃費のためにエンジンオイルを選ぶときは、くれぐれもメーカー指定の範囲内で低粘度のオイルを選ぶようにしましょう。また、走行距離やオイル交換してからの期間を管理してマメなメンテナンスを心がけましょう。

サイトマップ
Copyright (C) 2008-2017 ガソリン代節約術 All Rights Reserved.